AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

アートを伝えるWebライターを目指す皆さまをご紹介します!

第1期でWebライティングを学ぶ皆さまをご紹介!

少しずつ暖かくなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。春が待ち遠しいですね。

春といえば「学び」をスタートするにはいい季節です。学生の方に限らず、社会人の方も今の時期、新しい学びにチャレンジされようとお考えの方も多いのではないでしょうか?
大人になっても学ぶ気持ちを忘れないことは大切ですよね。私も、常に学び続け、いろいろな方との出会いに感謝して共に成長していきたいと思っています。

さて本日は、ちょうど今AE-Salonで開講中の講座「第1期 アートを伝えるWebライター養成講座」で学んで頂いている受講生の皆さまをご紹介します!

本講座を受講頂いている皆さまは、それぞれ個性的で目指す目標や伝えたいライティングテーマも様々です。今回、受講生の方に「alore」でのご紹介をご相談させて頂いたところ、皆さま快くOKを頂き「ご自身のお写真と自己紹介コメント」をご提供頂きました。有難うございました!

では、さっそく次からご紹介します。紹介順は順不同です。(受講生の皆さまのご紹介順序に意味はありません(笑)ので、ご了承ください!)

ノムラシマさん

トップバッターはノムラシマさんです!普段はお仕事としてコピーライティングに取り組んでいらっしゃるとのこと。「アートとネコ、銭湯…」私も非常に心そそられるテーマばかりです(笑)。今までの経験を生かして、楽しんで学びお仕事にも生かしてください!

ノムラシマ
ネコと銭湯と焼肉をこよなく愛するコピーライター。
現代アートが好きで、美術館のほか芸術祭にもときどき出没。ひとり暮らし歴約15年。

鈴木 尚(タカシ)さん

鈴木 尚(タカシ)さんは国内外問わず様々な美術館・博物館に実際に足を運んでいます。実際に各地を訪問されたご経験からくる「生の情報」「体験談」など、多くの引き出しをお持ちの方です。これからの記事を拝見するのがすごく楽しみです!

鈴木 尚(タカシ)
●性格:
好奇心の塊。B型の典型。
●近況:
昨年59歳でリタイアし、還暦を迎え現在無所属・遊人(ゆうじん)1年目。やりたいことの実現のために仕事をリタイア。今までの趣味・興味の180度違うものに取り組むようにしている。例えば、3年目を迎える、朗読劇(水戸芸術館)。また絵本の読み聞かせ教室に通い、初級講座、中級者講座を受講した。この方面で地域貢献活動を考えている。
●住まい:
日立製作所の発祥の地、茨城県日立市在住(東京駅より1時間40分:特急ひたち利用)。
●家族構成と生活:
妻と娘2人。長女はイギリスに住み、昨年10月に初孫が生まれた。次女はベルギー在住。妻と腎臓病を患った老猫と生活している。最近は料理にも興味が湧き、毎朝食を作っている。夫としての株価上昇中。
●趣味:
旅行(国内・海外)、美術館巡り、映画鑑賞、現存12天守・城巡り、
友人と酒を酌み交わす事、日本庭園鑑賞、落語、ゴルフ、
モットー:
「吾唯足知」
「知識と経験は質量ゼロ」
「人生は一度きり」
「努力は嫌いだが、準備はできる」
「感動は本物によってのみ与えられる」

柿沼 幸恵 さん

積極的に活躍されているアートエバンジェリストの柿沼 幸恵さん。一見難しく思われるアートの世界をご自身が感じた等身大の視点で伝える記事は、読んでいてうれしくなります。これからも自分の視点を忘れずに、楽しんで書いてくださいね。

柿沼 幸恵
アートエバンジェリスト・アートエバンジェリスト協会FBアートレポーター
【アートサプリウォーク】【美味しいごはんdeアートな女子会】のアートイベントや、毎週FBでアート情報ご紹介しています。
《ゆる~いけど、まじめに。》をモットーに、アートを通して日常をちょっとだけ豊かに楽しく過ごせるような活動を行っています。
自由に楽しくアートを向き合えるよう、アートを皆様をつなぐお手伝いをしていきたいと思っています。
一緒に本物を見て感性を養い、新しい知識を得て学びを深め、楽しみながら自己啓発をしていきませんか♪

春山 博美 さん

精力的にアートエバンジェリスト活動をされている春山 博美さん。今まで培った知識・経験の深さに加えて、アグレッシブな活動力には驚きと尊敬の念でいっぱいです。今後もご自身の強みを生かしたご活躍を期待しています!

春山 博美
もともと、物事にのめり込み易い性格なのか、映画、演劇、音楽、旅行、料理等これまでの人生の中のある時期にある特定の関心分野にどっぷりとはまりながら生きてきました。
美術では、美術検定の受験勉強をしたことにより、それまでオミットしていたコンテンポラリーアートにまで関心が拡がり、アート・トランジットによる国内バスツアーに参加して以来、東京23区内に限定していた行動範囲が遠隔地の美術館にまで拡がりました。この歳になっても遠隔地の美術館に期待を込めて初訪問する時などは、少年の頃に味わったような「わくわく感」を覚えます。
こんな経験から、他の方の世界を少しでも拡げて戴けるトリガーになれば嬉しいなとブログデビューにチャレンジしてみることに致しました。
サラリーマンなので、毎週末ごとに、美術館、画廊、アトリエ等を関八州遍く冬でも汗だく姿で駆け巡っています。

橘高 絢 さん

AE-Salonにて各種イベント開催やアートレポートを頂いているアートエバンジェリストの橘高 絢さん。お書きになる記事は、読んでいて楽しく、優しい気持ちになれます。今後もイベントなどリアルな場で伝えること、Webで伝えることをはじめ様々なフィールドでのご活躍を期待しています!

橘高 絢
アートエバンジェリスト。美術検定2級。得意分野は浮世絵と宗教画。絵画から物語を読み解くことが好き。
趣味は読書と料理、御朱印集め。気まぐれに絵を描くことも。
好きな言葉は温故知新と不易流行。古きものも新しきものも、一時の流行からも学び取り面白がれる人間が理想。
楽しい美術鑑賞の伝道師を目指して精進中。
アートは心を、人生を豊かにしてくれます。作品との対話は自分との対話。思いもつかないような多種多様な表現と出会い、それに対する自身の反応から、自分に対する新たな発見を得ることができます。異なる価値観を知り理解することは、他人への理解や許容につながります。アートと付き合っていると、自分にも人にも優しくなれる気がするのです。

katagiri kimie さん

愛知県で活動中のアートエバンジェリストkatagiri kimieさん。アート、そして、ご自身の専門である「色」をテーマ軸としたライティングを目指されるとのこと。また、お住まいの愛知県ならではの「アート」にも積極的に取り組んでいかれたいとのことです!ご自身の専門分野・強みを生かした記事を期待しています!

katagiri kimie
1964年生 既婚 愛知県一宮市住在 会社員
●好きなこと:
美術鑑賞・本、雑誌を読むこと・能のお稽古・着物を着ること・レトロな喫茶店に行くこと・テンションのあがる音楽・人の話を聞くこと
●取得資格:
国際カラーデザイン協会 カラーデザインマスター
日本カラリスト協会 1級パーソナルカラーリスト・色彩診断士
東商カラーコーディネーター1級(環境色彩)
アートエバンジェリスト
日本色彩学会会員

アート&色。色は、世界中の人々とのコミュニケーションがとれる魔法のツールです。また、色には、メッセージがあります。私は、アートの色のメッセージを開ける作業が、面白く好きです。

milkhoppy さん

AE-Salonでレポートを寄稿頂いているアートエバンジェリストmilkhoppyさん(男性の方です)。アートを通じて得られたご自身の感動を多くの人と共有したい、高い志をもって今回の講座をご受講いただいております。ライティングだけではなく分野を問わず学び、積極的に様々なことにチャレンジされています。「感動を呼ぶ看板」を目指し頑張ってください!

milkhoppy
【目指せ、穂高駅の看板!】
私が初めて「アート」から感動を覚えたのは社会人になってからのことでした。春の安曇野を一人旅していた私が、穂高駅で出会った「安曇野ジャンセン美術館、タクシー10分」という看板の文字。
タクシーで向かった美術館に展示されていたジャンセンの作品群が私に与えてくれた感動は、それまで「アート」に縁遠かった私が全く味わったことのないものでした。ジャンセン作品は、バレリーナを描いたものが非常に多いのですが、どの作品を見ても、私は迫真的な描写の中に一種の静穏さを感じたのを今でも覚えています。
私がWebライターとして目指したいのは、この「穂高駅の看板」です。記事を読んだ方が、一人でも「アート」に興味を持ち、そして、そこから何らかの感動を得ていただけたなら、「看板」としては望外の喜びなのです。そんな「感動を呼ぶ看板」を目指して私自身も楽しく記事を執筆していこうと思います。

羽田 沙織 さん

現在、名古屋地区を中心として精力的にご活躍中のアートエバンジェリスト羽田 沙織さん。ご自身で企画・開催するアートイベント・セミナーでは、ご参加された方に素晴らしい体験と感動をご提供されています。アナウンサーとしてのご経験を生かし、Webというフィールドでの更なるご活躍、期待しています!

羽田 沙織
元NHK宇都宮局キャスター/元ZIP-FMミュージックナビゲーター
●出演歴:
NHK総合テレビ『こんにちはいっと6けん』『ゆうどきネットワーク』『首都圏ネットワーク』
フジテレビ『めざまし土曜日』インフォマーシャル
テレビ埼玉『彩の国ニュースほっと』サッカー浦和レッズ戦ピッチリポート
映画『インシテミル』場内アナウンス役
ドラマ『下町ロケット』他アナウンサー役
Tokyo-FM『BlueOcean』Fm-yokohama『Kawasaki Sparkling』ZIP-FM『STARTS!』など

現在はフリーアナウンサーをしながら、アートエバンジェリストとしてアートイベントの企画・開催・案内を行っています。
ヒューマンアカデミーで『名古屋アートサプリウォーク』講座も担当。
講座では1日1万歩歩くことを目標に美術館やギャラリー、パブリックアートを見て回っています。

あなたもアートを伝えるWebライターとして活動しませんか?

今回ご紹介させて頂いた受講生の皆さまは、ご経験、バックボーンも様々です。ただ、共通して言えるのは、皆さまそれぞれが「自分のアート・感動を伝えたい」高い志をもって取り組んで頂いていることです。集合研修でもご自身のお考えや気づきなど積極的に意見を出し合いながら、共に学んで頂いています。

Webライティングを学ぶことは、ご自身にとって新たな気づき得ることにもつながり、素晴らしい多くの出会い、人とのつながりを得ることができます。さらに、継続していくことにより、外部企業・団体からのお仕事の相談・依頼など、アート分野でのビジネスチャンス獲得の機会につながる可能性も高まります。また、ご自身が執筆された記事で、多くの読者を魅了できれば、自主企画イベントやサービスの集客・展開への道も開けてくるでしょう。

一方でアートを伝えるWebライティングは、アートという抽象的なテーマに対峙し、読み手の心に響くわかりやすい文章を作成できるロジカルな思考・スキル求められます。また、同時に、Webの特質を理解し、SEO(検索エンジン最適化)の知識、活用できる力も必要です。

この春4月からの受講生皆さまのアートライターとしての活動にご期待ください!

この記事のライター

AE-Salonaloreディレクター兼ライター臼井ノブヒロ
生まれは東京・谷中千駄木の下町。
廃業した氷工場・神社などを日々探検する子供時代を過ごしました。
絵を描くこと、工作好きが高じて、いつしか美大を目指し進学。
そこから、コミュニケーションアートそして、Webの世界へ。

それから、うん十年、2015年夏。
たくさんの人にアート・感動を伝えたい!という思いで、
AE-Salon(アートエバンジェリスト認定教育機関)の活動に参画しました。

そして2017年初春!
アートをもっと自由に、もっと楽しくシェアする
アートWebマガジン「alore(アローア)」を
立ち上げることに!

アートを伝えたい熱い思いを持つ多くのライターが、
皆様にその楽しさと感動をお届けします!
「生活・仕事・人生をアートなエッセンスでハッピーに!」
読者の皆様にとって役立つ、
楽しいWebマガジンに育ていきたいと考えます。

是非ご期待ください!
Return Top
error: Content is protected !!