AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

aloreライター@新井隆子
ARTとの出会い/高校まで父の仕事の関係で地方に住んでおり、
城下町だった為、すぐ近くにお堀のある公園、
その中に県立美術館があり、美術館好きになりました。
中学の頃からNHK日曜美術館ファン。
’70 大阪万博の時、岡本太郎の『太陽の塔』の前の
特設ステージで開催されたアジア少年少女合唱際に参加、
歌ったことも想い出の一つです。

年齢/昭和3?年戌年生まれ。
職業/主婦。リサイクル雑貨制作者。
*銅版画、古伊万里、インテリア専門WEBSHOP “G.”ジードット経営中。
*リサイクル雑貨のオリジナルブランド”atlier Pluie de Couleur” 運営中。
趣味/美術館巡り。旅行。料理。ピアノ演奏。映画鑑賞。
資格/英語検定2級。美術検定2級。アートエヴァンジェリスト認証。
家族/既婚。夫婦+息子1人+トイプードル

ARTのある素敵な人生を楽しみましょう!!
@新井隆子の記事一覧
ARTのある暮らし8  正月編 〜神や仏だけじゃない、奇怪なもの達〜
65

ARTのある暮らし8 正月編 〜神や仏だけじゃない、奇怪なもの達〜

2018年も明け、初詣に因み、神仏や美術品として神々の姿へ思いを馳せました。シャルル フレジェの写真集は奇怪な祝祭の衣裳が取材されていて大変面白く、大人から子供まで楽しめ、ARTを身近な存在として感じとれるのではないでしょうか。絵画だけではなく、幅広い分野でARTの可能性が広がり、より多くの人がARTに親しめるきっかけ...
ARTのある暮らし 特別編 美術展ゆく年くる年 
154

ARTのある暮らし 特別編 美術展ゆく年くる年 

1年を振り返り、<ARTのある暮らし>特別編として、分析結果が出ている以外でも今年話題になった美術展など、私見をまじえて10をセレクト。さほど独りよがりではない順位ですので、行かれた方、行き損ねた方、ネットなどでも1年を振り返り、来年の美術巡りの架け橋とさせて頂ければ幸いです。
ARTのある暮らし7  食卓のある風景
166

ARTのある暮らし7  食卓のある風景

秋に関連して「食」と「食卓」を題材にした作品についての話題、あれこれ。そして、食卓をテーマにした静物画は絵画のヒエラルキー(格付け)では最下位となりますが、1位〜6位までを列挙。美術の学びとしてご購読下さい。 毎回、最終項目でオススメを取り上げますが、今回の話題の映画「ゴッホ最期の手紙」は超おすすめ。ゴッホのタッチを...
ARTのある暮らし6 私が選んだ ”悲痛な?絵”
184

ARTのある暮らし6 私が選んだ ”悲痛な?絵”

上野の森美術館の”怖い絵展” にも触発され、感情に訴えかける作品を選んでみました。悲痛な感覚は普段味わうことの少ない感覚ですが、悲惨な戦争体験や死に面するような極限状況の時にこそ味わう感覚に近く、描く作家本人が心ならずも描ききってしまったような後味の悪さ。それを観ながら私達は何をどう感じるべきなのでしょうか?美しいだけ...
ART のある暮らし5 ARTな街に暮らす〜吉祥寺編〜
207

ART のある暮らし5 ARTな街に暮らす〜吉祥寺編〜

個性的なお店も多く、常に人気の街吉祥寺エリアを、同エリア近郊に長年住んできたアート好きのライターの視点からアプローチ。 自然と芸術は昔から、つながりが深く、書や絵画でも多く表現されてきました。そして武蔵野と呼ばれる自然の残る東京のエリアにある吉祥寺が何故いつも住みたい街ベスト1に選ばれるのか、クリエーターやアーチスト...
ARTのある暮らし3
234

ARTのある暮らし3

夏なので、海に関連した作品の中から気になる5作品を選んでみました。実際に海を見て描いたものから、作家が創造、イメージして描いたものまで様々ありますが、作家の心でしか捉えられない海が、色や形で表現されているのでしょう。 美術に関連したおすすめの本と美術館も記載してあります。ご参考までにお読み頂ければ幸いです。
ARTのある暮らし 2
145

ARTのある暮らし 2

ARTが社会と共存している空間、スペースなどについて実例を挙げています。美術館やギャラリーがこの二十年位注目を浴びていますが、美術館の枠を超え、広く社会にまで広がって来ているARTの社会現象化を、理由や目的を憶測としてですが、推測してみました。プロの創るARTはバランスもとれ、美しいので、今後も益々多方面で利用、拡大さ...
ARTのある暮らし 1. 話題の美術館へ行こう!!
320

ARTのある暮らし 1. 話題の美術館へ行こう!!

初めてのaloreブログ。建築も好きなので、今話題の国内海外の美術館の建物を取り上げてみました。 旅行の時に立ち寄ることもできる都市中心部の建物から、少し郊外へ自然を味わいに行けるところまで、少数ではありますが、ピックアップしてみました。詳しくはgoogle等でご検索下さいませ。
Return Top
error: Content is protected !!