AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

aloreライター@新井隆子
子供の頃に家が城下町にあった為、近所にお堀のある公園、その中に城跡や県立美術館があり、美術館好きになりました。中学の頃からNHK日曜美術館ファン。
’70 大阪万博の時、岡本太郎の『太陽の塔』の前の特設ステージで開催されたアジア少年少女合唱際に参加、歌ったことも想い出の一つです。
昔、大学で(社会)心理学、その後インテリア、建築を学び「コワイ」と言われても元から「美術」&「心理学」が好き。

年齢/昭和3?年戌年生まれ。
職業/主婦。ブログライター、造形作家(1992年頃からリサイクル雑貨制作atelier Pluie de Couleurを設営)。過去、公民館生涯学習部、手作り教室等で講師の経験があります。

*ハンドメイドのオリジナルブランド”atlier Pluie de Couleur” 公開中。
*リトグラフ、古伊万里、鉄瓶のWEBSHOP <A.Gallery>経営中。

趣味/美術館、ギャラリー巡り。地方の隠れ家美術館の発掘。旅行。ピアノ演奏。料理。映画鑑賞。
資格/アートエバンジェリスト認証。美術検定2級。英語検定2級。
家族/既婚。夫婦+息子1人+トイプードル

都会の心のオアシス「美術館」
@新井隆子の記事一覧( 2 )
美しきARTな日々2 珠玉の街中美術館1
729

美しきARTな日々2 珠玉の街中美術館1

今年度のタイトルは『美しきARTな日々』。日々の生活の中で、美意識や感性を研ぎ澄ませて丁寧な暮らしを続ければ、様々な所で気付きが増えて来るようにも感じます。また、日本古来のお茶や禅など精神的な「美」が表層にあらわれて完璧な「美」の世界が形作られたといっても過言ではないのではないでしょうか?ところでアートエバンジェリスト...
美しきARTな日々
539

美しきARTな日々

新年度のタイトルは「美しきARTな日々」。美術館や企画展などの情報だけではなく、私達の生活に即したARTの利用法について感じたことも書きました。自分の体験などから、ARTを生活に取り入れて、暮らしを快適にストレスを減らし、過ごし易くする工夫やアイデアについての個人的意見です。
美術館と私 10 〜NEW ART パラダイス〜
715

美術館と私 10 〜NEW ART パラダイス〜

aloreブログに投稿を始めて約2年が経ちました。「ARTのある暮らし」から「美術館と私」、過去のブログをレビューしながら、内容について自分なりに客観的に評価し、更に次年度に向けて修正点や工夫すべき点など振り返ってみました。より多くの読者の方々に満足して頂ける様、切磋琢磨するつもりです。このブログはなんといっても取材や...
美術館と私8  〜ART & 女性〜
984

美術館と私8  〜ART & 女性〜

3月の雛祭にもちなみ、「ARTと女性」をテーマにした内容にしました。アート界で既に活躍されている女性、また今後が期待される美大大学院生など。本文でも触れましたが、広く文学も含め、性差のない芸術の世界の中でのびのびと活躍されることを祈ってこのブログを書きました。
美術館と私7 〜新春をARTで言祝ぐ(ことほぐ)〜
664

美術館と私7 〜新春をARTで言祝ぐ(ことほぐ)〜

元号の変わる新しい年2019年。平和を願い命名された平成の時代は戦争も無く無事終焉を向かえ、来る新しい時代はどのような幕開けとなっていくのでしょうか。情報が混乱し、自分で取捨選択しなければならない必要性が益々高まる中で、自分の審美眼を鍛える?為にARTを利用するのも一つの方法ではあるかもしれませんね。師走から年明けにか...
美術館と私6 〜デザインとART〜
622

美術館と私6 〜デザインとART〜

2018年最後の「美術館と私6」。クリスマスも近く、ミュージアムショップにもギフト用のこだわり商品が沢山並ぶ季節になりました。かつてハンドメイドを卸したりしていた経験も長かった為、作り手側の視点から商品のクリエーターにも焦点を充て、制作される過程で自在に変わリえるART的な要素、デザイン商品としての価値、その違いについ...
美術館と私5  〜美は細部に宿る〜
949

美術館と私5  〜美は細部に宿る〜

ドイツの建築家ミース ファンデル ローエの格言「美は細部に宿る」ことを日頃の生活でも感じることがあります。この格言から思い起こし、ボランティア参加している小平市平櫛田中彫刻美術館の今回の企画展内容や海外のミースまで話題は飛躍しますが、古今東西世界各地津々浦々目を配ると面白い話題やテーマは数限りなく、この短いブログの中に...
美術館と私4 〜芸術ARTとしての写真〜
810

美術館と私4 〜芸術ARTとしての写真〜

美術館の企画展として最近特に多く見かけるようになった写真の企画展示。 その中の気になる企画展から着想を得て、写真について感じたことを書き綴りました。特に最近では、現代美術家として草間彌生さんの国際的評価が絶大であることと共に国内の女流写真家、写真周辺のアーチストの活躍も国際的に評価注目されているのではないでしょうか。...
美術館と私3 建築と彫刻
1393

美術館と私3 建築と彫刻

* 美術館と私 3 建築と彫刻 * 〜小平市平櫛田中彫刻美術館〜 海やプールにでかける気力も失せる程、ここ数年続く夏の猛暑や残暑。こんな時は、涼しい美術館で一息つくのは如何でしょう?無料のミネラルウォーターやジュースの自動販売機もあり、ライブラリーコーナー、ユニークなミュージアムショップなどでクールに頭を冷やしませんか...
Return Top
error: Content is protected !!