AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

aloreライター橘高あや
千葉県在住。アートエバンジェリスト。美術検定2級。楽しい美術鑑賞の伝道師を目指して精進中。
得意分野は浮世絵と宗教画。絵画から物語を読み解くことが好き。
趣味は読書と料理、御朱印集め。
好きな言葉は温故知新と不易流行。古きものも新しきものも、一時の流行からも学び取り面白がれる人間が理想。
アートは心を、人生を豊かにしてくれます。作品との対話は自分との対話。思いもつかないような多種多様な表現と出会い、それに対する自身の反応から、自分に対する新たな発見を得ることができます。異なる価値観を知り理解することは、他人への理解や許容につながります。アートと付き合っていると、自分にも人にも優しくなれる気がするのです。閉塞感に苛まれる現代社会をアートの力で変えていけたら。そんな思いでおります。
橘高あやの記事一覧
花火シーズン到来!浮世絵で江戸の花火をみてみよう
52

花火シーズン到来!浮世絵で江戸の花火をみてみよう

長かった梅雨が明けて夏本番、花火シーズン到来です。夏の夜空を彩る花火に人々が魅了されるのは今も昔も変わりません。隅田川花火大会の前身にあたる両国での花火を描いた歌川広重の「名所江戸百景 両国花火」には、色使いが異なるバージョンが存在します。そこには、広重の絵師としてのこだわりが見て取れます。あなたはどちらがお好きですか...
第10回ちば映画祭
695

今注目の若手映画監督の作品を観に行こう!第10回ちば映画祭

  「初期衝動、忘れない」  アートファンにも知ってほしい清原惟監督の『わたしたちの家』をはじめ、今後の活躍が期待される若手映画監督の作品が一挙に観られるちば映画祭!芸術性の高い作品からコメディまで幅広くとりあげる、映画愛あふれるアツイ祭をご紹介いたします
名画と銘酒を堪能!馬込文士村アート散歩レポート
938

名画と銘酒を堪能!馬込文士村アート散歩レポート

大正時代後半から昭和初期にかけて、多くの文学者・芸術家が暮らしていた「馬込文士村」。 現在、馬込文士村のあった地域には、大田区の歴史や文化を学ぶことができる郷土資料館や、当地に居を構え、アトリエを構えた川端龍子の作品を所蔵・展示する龍子記念館がある。それらを巡って当時の面影を偲び、さらには旭酒造と龍子記念館のコラボレ...
Return Top
error: Content is protected !!