AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

art+展覧会・ギャラリー

Category
2017年を振り返って
78

2017年を振り返って

開期中の展覧会には言及しませんと昨春のブログスタート時点で宣言していましたので、年が明けてから2017年の展覧会を回顧してみます。
ARTのある暮らし 特別編 美術展ゆく年くる年 
154

ARTのある暮らし 特別編 美術展ゆく年くる年 

1年を振り返り、<ARTのある暮らし>特別編として、分析結果が出ている以外でも今年話題になった美術展など、私見をまじえて10をセレクト。さほど独りよがりではない順位ですので、行かれた方、行き損ねた方、ネットなどでも1年を振り返り、来年の美術巡りの架け橋とさせて頂ければ幸いです。
鈴木春信展 青が消えた
24

鈴木春信展 青が消えた

鈴木春信は、錦絵の創始期の第一人者です。錦絵は、多色摺木版画技法ですが、その色は残念ながら、青色が退色してます。その青とは、どんな色なのか?その色から、作品全体を想像すると面白い。
リアルでしかない長沢芦雪展 左に虎、右は龍。
80

リアルでしかない長沢芦雪展 左に虎、右は龍。

愛知県美術館での長沢芦雪展は、代表作とされている和歌山県無量寺の『虎図襖』『龍図襖』をその両脇二間の障壁画と合わせて、お寺のしつらえそのままに再現してありました。美術館の展示方法は、私たちの視線、体自体までも芦雪作品に魅了されます。
奈良国立博物館 新館
75

正倉院、宝物の山に 隠れかわいい 見っけ‼

正倉院展の宝物は、8世紀に作られたものがほとんどです。その数約9000件。本展は、58件が出陳され、とりわけ今年は、仏・菩薩への献物品など、供養に用いられたと考えられる宝物など多数出陳されてます。そのなかで、かわいい献物箱を見つけました。それは、碧地金銀絵箱です。
知っているようで、知らないこともある「国宝」
82

知っているようで、知らないこともある「国宝」

国宝とは、まさしく国の宝です。重要文化財の中のエリートとも言えます。そんな国宝は、意外に総数は少ないのです。意外に売買できるのです。国宝にまつわる意外な事をランキングを交えてレポートします。
Return Top
error: Content is protected !!