AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

「ジャポニスム」は偶然か?必然か?

「ジャポニスム」は偶然か?必然か?

ジャポニスムはなぜ起こったか?

モネ 印象
モネ <<印象・日の出>>

 

日本人に大人気の印象派。

19世紀末に誕生した印象派が、浮世絵を代表とする日本美術の影響を大きく受け、「ジャポニスム」という芸術運動にまで広がったということは、よく解説本などに書かれている通りである。

では、なぜ19世紀末に突然、日本の美術が注目が集まるようになったのか?単なる偶然だったのか、それとも歴史的な必然だったのか?

ちょっと考えてみたいと思う。

ペリーさんありがとう・・・あなたが引き金を引いたのです。

19世紀末の日本史上の出来事といえば、筆頭にあがるのは1853年の「ペリー来航」であろう。日本の開国への道を決定付けた出来事だ。

実は、ジャポニスムのはじまりは、これ!

考えてみれば当然なのだが、日本からフランスに浮世絵を伝えるのに、伝える側が「鎖国中」では話にならないのである。

日本に来航したペリーは、異国のフランスでジャポニスムが流行する際の引き金を、結果的に引くこととなった。

鎖国が解かれて万博に・・・日仏の美術交流。

19世紀後半、1851年のロンドンを皮切りとして、ヨーロッパでは万国博覧会(万博)が盛んに開催された。

万博では「産業振興」という名のもとに、各国が「近代化」の発展を披露したが、美術においては、それが日仏の交流につながった。

ジャポニスムのきっかけとなったのは、1867年のパリで開かれた万博だ。

日本の江戸幕府、佐賀藩、薩摩藩は、1867年に初めてパリ万博に参加した。このときに伝えられた浮世絵に、当時のパリの画家たちは驚くことになる。

ルネサンス以来、500年以上も用いられてきた「遠近法」は、浮世絵には用いられていなかった。「対象を途中で切断する構図」も、彼らには新鮮で仕方がなかった。

モネの睡蓮・・・パリ万博のおかげです。

影響を受けた画家の代表格は、やはりモネだろう。

晩年の「睡蓮」においては、特に遠近表現において、伝統を覆していた。

レオナルド・ダ・ヴィンチが「最後の晩餐」で用いた遠近法は、モネの「睡蓮」には見当たらない。「消失点」など、はじめからないのだ。

このことは、「最後の晩餐」を鑑賞するときに、視点が一点に集まりやすいのに対して、「睡蓮」を鑑賞するときには、視点があちこち動きやすいことに顕著にあらわれるだろう。

クロード・モネ <<睡蓮>>

 

レオナルド・ダ・ヴィンチ <<最後の晩餐>>

 

おしまいに

「歴史に『もし』はない」とよく言われる。このことは、ジャポニスムにおいても、「歴史上の必然」といった点では、確かに間違いのないことであると思う。

しかし、である。「もし、ジャポニスムがなかったら、西洋の美術史はどうなっていたか?」を考えることは、「美術史における印象派や浮世絵の重要性」を浮き彫りにする上で、欠かすことのできない作業であろうと、この記事を執筆して私は考えた。

「歴史に『もし』はない。しかし、『もし』を考えると歴史が分かる」というのが、私の考えである。

この記事のライター

aloreライターmilkhoppy
<出身>
仙台生まれの東京・川崎育ち。

<所有資格>
アートエバンジェリスト、美術検定2級、教員免許。
 
<意気込み>
「正確なインプットと分かりやすいアウトプット」を、常に心がけ、頑張りたいと思います。
Return Top
error: Content is protected !!