AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

美術館と私7 〜新春をARTで言祝ぐ(ことほぐ)〜

美術館と私7 〜新春をARTで言祝ぐ(ことほぐ)〜

美術館と私7
〜新春をARTで言祝ぐ〜

美の伝道師アートエバンジェリストのブログaloreアローアなので、やはりARTな話題で2019年をスタートしたいと思います。昨年は師走近くになっても上野の森美術館でのフェルメール展や東京都美術館のムンク展など様々な大きな美術展が話題となりました。2019年今年は元号も代わり、新たな出発点として美術館も色々な企画展を予定していることでしょう?さて、どのようなユニークなARTの話題が飛び交う一年となるのでしょうか?

フェルメール展  上野の森美術館

1. ARTの舞台裏  師走から新年に向けて

1) 美術館では?

当ライターがボランティア登録をしている小平市平櫛田中彫刻美術館では、12月25日に恒例の年末大掃除や田中氏の墓参り(多磨霊園)を執り行いました。彫刻家平櫛田中氏は98歳の時に上野から小平市に転居、現在の記念館となるアトリエ兼住居を創り、107歳で亡くなるまでこちらで生活をしました。館内の整理清掃は主に学芸員や臨時職員の方々、私達ボランティアは玄関前の清掃など簡単なお手伝い、その後霊園へと向かい、美術館行事の一年の締めくくりをしました。

館長及び美術館職員、ボランティア有志の方々による墓参
墓参での平櫛田中彫刻美術館館長

2)都内のアートファンは?

都内の社会人アートサークル「ART TRANSIT」は、隔月間開催の交流会を大忘年会として「アーツ千代田3331」で開催。実はこのサークルは所属するアートエバンジェリストと主宰が被る団体で「アーツ千代田3331」もよく利用されています。食べ物持ち寄りの立食式パーティ。「アーツ千代田3331」は廃校になった小学校校舎をリノベした建物を利用し、各種イベントに有料でスペースを貸し出している先駆け的存在ですね。
この日参加してアート好きの参加者の方数名からご意見を伺いました。
質問1. 2018年、最も印象に残った美術展は何ですか?
質問2. 貴方にとっての美術館とは?
その他美術館についてご意見がございましたらご自由に..
上記3問で回答を頂き、質問1で最も印象深かった美術展は「東山魁夷展」次が「フィリップ コレクション展」でした。やはり、東山人気は不動ですね。質問2では、最も多い意見が「癒し」「非日常を体験する場」でした。「生活の一部になっている」という熱烈なアートファンの方もいらっしゃいました。美術館への意見としては、「入場料がヨーロッパと比較して高め」「おしゃべりして良い日と分けてほしい」という意見もありました。

アーツ千代田3331

2. THE NEW!!

1) ギャラリー:『アニエスベー』がアートギャラリーをオープン

あのファッションブランド『アニエスベー』が、国外ではニューヨーク、香港に次ぎ3番目のギャラリーを東京青山にオープン。12月8日オープン時こけらおとしにはニューヨークブルックリンを拠点に90年代から活動するストリートアーチスト、ROSTARR (ロースター) の個展を開催。すでにスケッチが Tシャツのデザインとして商品化されているとのこと。
オープン初日に青山に訪問してみました。1Fのアニエスベーブティックから、螺旋を描く階段でしか昇れない2Fのギャラリーはシックでレトロ感もあるブティックに続き、ノスタルジーを感じさせる100平米ほどのホワイトキューブ。ショッピングを兼ねて身近にアートに触れられるスペースとして、今後の企画展が期待されます。他にFace Records がセレクトしたビンテージレコードを扱うストアも併設しています。ギャラリーは、高級ブランドが軒を連ねる表参道や青山通りから一歩裏手に廻ったビルの一角にあります。主に現代アートの展示、ロースターの展示は2019年2月3日まで。

アニエスベー青山店
サイン会でのロースター氏
ロースター展  アニエスベーギャラリー

2) シネマ:<アップリンク吉祥寺>オープン!!

アップリンク渋谷の姉妹店アップリンク吉祥寺が吉祥寺パルコに12月14日オープン。吉祥寺では、惜しまれつつ吉祥寺バウスシアターが2014年に閉館後、カルト系シネマの上映館としては久しぶりの開館で期待されます。
https://joji.uplink.co.jp/

3. ARTなスクリーン

*メアリーの総て

あのフランケンシュタインを生んだ19世紀イギリスの作家メアリー シェリー。彼女は何故あのような怪物を誕生させたのか…。
https://gaga.ne.jp/maryshelley/

4. ライターが選んだ印象に残る美術展 2018
ベスト10  5位〜1位

5位 写真都市 ウィリアム クラインと22世紀を生きる写真家たち
21_21 DESIGN SIGHT

4位 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法 練馬区立美術館
3位 仁和寺と御室派のみほとけ 東京国立博物館平成館

東京国立博物館平成館


2位 五木田智央展 東京オペラシティアートギャラリー
1位 杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年
東京都写真美術館

杉浦邦恵 うつくしい実験 東京都写真美術館

4. 行きたい!! 美術展

*イサム ノグチと岡本太郎  〜 2019.1.14 (祝) 川崎市岡本太郎美術館
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#isamu

*沈黙の奇蹟 岡上淑子 2019.1.26 (土) 〜 4.7 (日) 東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/190126-0407_okanoue.html

*ブルーノ ムナーリ 役に立たない機械をつくった男 
〜2019.1.27(日)  世田谷美術館
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00191

*霧の抵抗   中谷芙二子  〜2019.1.20(日)  水戸芸術館
http://www.arttowermito.or.jp/gallery/gallery02.html?id=502

FIN.

この記事のライター

aloreライター@新井隆子
子供の頃に家が城下町にあった為、近所にお堀のある公園、その中に城跡や県立美術館があり、美術館好きになりました。中学の頃からNHK日曜美術館ファン。
’70 大阪万博の時、岡本太郎の『太陽の塔』の前の特設ステージで開催されたアジア少年少女合唱際に参加、歌ったことも想い出の一つです。
昔、大学で(社会)心理学、その後インテリア、建築を学び「コワイ」と言われても元から「美術」&「心理学」が好き。

年齢/昭和3?年戌年生まれ。
職業/主婦。ブログライター、リサイクル雑貨アーチスト(1992年頃からatelier Pluie de Couleurを設営)。過去、公民館生涯学習部、手作り教室等で講師の経験があります。

*ハンドメイドのオリジナルブランド”atlier Pluie de Couleur” 公開中。
*リトグラフ、古伊万里、鉄瓶のWEBSHOP <A.Gallery>経営中。

趣味/美術館、ギャラリー巡り。地方の隠れ家美術館の発掘。料理。旅行。ピアノ演奏。映画鑑賞。
資格/英語検定2級。美術検定2級。アートエバンジェリスト認証。
家族/既婚。夫婦+息子1人+トイプードル

都会の心のオアシス「美術館」
Return Top
error: Content is protected !!