AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

あなたにとっての「ユートピア」とは?;ゴッホ展

あなたにとっての「ユートピア」とは?;ゴッホ展

ここではない「どこか」

「隣の芝は青い」とは上手く言ったものだ。でも「こちらの芝は枯れている」と思ったことはないだろうか?

そんなとき、私は「ここではないどこか」に思いを馳せる。

ゴッホにとっての日本は、そんな「どこか」だったのではないだろうか?

ゴッホの作品と日本の相互影響がよくわかる展覧会

1853年にオランダで生まれ、1890年にパリ郊外のオーヴェール=シュル=オワーズで亡くなった、フィンセント・ファン・ゴッホ。

彼は、晩年において、当時の日本で流行していた浮世絵などから、独特な「日本イメージ」を構築し、それともに、従来の西洋絵画には見られなかった、日本絵画の特徴を自身の画風に取り入れていった。

彼が取り入れた、「日本絵画の特徴」とは何だったのか、そして、なぜ彼は日本に魅せられたのか。

第1部 ファン・ゴッホのジャポニスム

1886年2月末のこと、ファン・ゴッホは、突然アントウェルペンから、弟テオのいるパリへとやって来た。

ここで彼が出会った最も重要なものは、「印象派」と「浮世絵版画」であろう。彼は、印象派の技法からは、明るい色彩を、浮世絵の技法からは、日本美術特有の構図やモティーフなどを、自身の作品に取り込んでいった。

フィンセント・ファン・ゴッホ 《花魁(渓斎英泉による)》1887年 油彩、綿布 100.7×60.7 cm ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)

浮世絵への関心が非常に強かったファン・ゴッホは、明るい色彩の油彩で、浮世絵を模写した作品を残している。

これは、その作品のうちの1点で、『パリ・イリュストレ』誌の日本特集号(1886年5月、no.45&46合併号)の表紙の一部を拡大模写したもの。オリジナルは、渓斎英泉による《雲龍打掛の花魁》で、印刷段階で左右が反転したと見られている。

『パリ・イリュストレ』誌 no.45&46合併号 1886年5月 書籍(カバーあり)44.2×32.5cm 及川茂コレクション

 

第2部 日本人のファン・ゴッホ巡礼

ファン・ゴッホの死から間もない時期、彼にとっての「ユートピア」だった日本から、多くの日本人がオーヴェールへと赴いた。

生前、ほとんど作品が売れなかったファン・ゴッホに、死後にスポットライトが当たるとは、何とも皮肉な話である。

本展では、佐伯祐三、前田寛治などの視点から、「日本人が見たゴッホの生」に着目している。

生前、ひたすらに「他者」を求めたファン・ゴッホ。

私は、彼が、天国でようやく「人肌」に触れることが出来たのだと思いたい。

おしまいに

本展では、作品の質や量に圧倒されることは間違いない。しかし、それだけで終わってしまってはもったいない。

画家になる前から、裏切られても裏切られても、「人間」を求めたゴッホ。

彼にとっての「日本」とは、彼が親しく交わることのできる「人間」が、たった一人でもよいから存在する「ユートピア」だったのではなかったか?

フランスでその「希望」が叶わなかったゴッホにとって、日本の「芝」はさぞかし青く見えたことであろう。

いかめしい自画像の「孤高の画家」は、実はかなりの「寂しがり屋」だったのだと、私は思う。

本展の帰り道、ご自身の「ユートピア」に思いを馳せるのも、また味わい深いのではないだろうか?

展覧会ホームページ

この記事のライター

aloreライターmilkhoppy
<出身>
仙台生まれの東京・川崎育ち。

<所有資格>
アートエバンジェリスト、美術検定2級、教員免許。
 
<意気込み>
「正確なインプットと分かりやすいアウトプット」を、常に心がけ、頑張りたいと思います。
Return Top
error: Content is protected !!