AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

正倉院、宝物の山に 隠れかわいい 見っけ‼

正倉院、宝物の山に 隠れかわいい 見っけ‼

奈良国立博物館、第69回正倉院展に行きました。

正倉院の宝物

東大寺(奈良市)の近くにある宝庫・正倉院は、756年聖武天皇が崩御し、后(きさき)の光明皇后が聖武天皇遺愛品を東大寺大仏に献納されたのがはじまりです。(その折の献物目録『国家珍宝帳』に記載されています)

宝物は、調度品、楽器、遊戯具、座臥具(ざがぐ)、武器、武具、文房具、飲食器、仏具、文書、染織品など多岐にわたります。また宝物は、聖武天皇ゆかりの宝物ばかりではありません。その他に、大仏開眼会における献物と道具類、光明皇后によるその他の献物、東大寺の倉庫としての宝庫などもあります。その数約9000件。本展では、58件の宝物が出陳されました。意外な宝物としては、献納品の薬物があります。

献納品の薬物とは、なんでしょう?気になります

それは臈蜜(ろうみつ)です…ミツバチの巣から作った蝋(ろう)

臈蜜は、今日「蜜蠟(みつろう」と称されるもので、ミツバチの巣を加熱、圧搾(あっさく)して採種された蝋であります。本品は、これを円形状に成形し中央に丸い孔を紐で通してありました。これらの薬物は、奈良時代に下痢止めとして使ったほか、ろうけつ染めなどの工芸品にも利用されました。

薬物は、最近の薬物調査では、すべてが海外からの舶載品であることが明らかとなっています。

彩色で気になった宝物

 

碧地金銀絵箱 底裏 箱内側
参照:碧地金銀絵箱・底裏・箱の内側

碧地金銀絵箱(へきじきんぎんえのはこ)は、献物箱(けんもつばこ)です。献物箱は、仏様への献物を入れた箱です。この箱は、ヒノキ材で作られ、表面は碧色(青緑色、顔料は群青)に塗られ、側面には、草花や鳥の文様が描かれています。

隠れたかわいい配色とかわいい模様

寒色系でまとめられた表面とは対照的に箱の内側は、淡紅色に塗られています。この箱の配色は、碧色×淡紅色です。ミント色×ピンク色と表現した方がわかりやすいかもしれません。この配色は、奈良時代のものとは!!と思えないです。まるで、現代の洋菓子の箱のようです。残念ながら、内側の淡紅色は、豪奢な(うちばり)が納められていて見ることができませんでした。嚫(うちばり)とは、布や紙を箱類の内側にはることです。
(参照;碧地金銀絵箱・底裏・箱の内側)

蓋(ふた)の表面は、円形をかたどる草花の中で向かい合う2羽の水鳥を中心とし、その周囲に4羽の花喰鳥(はなくいどり)、四角と上下には花の咲く草を意匠化した文様、さらに上下に蝶を配しています。全体的に繊細な模様というよりも少しコミカルで、かわいい模様です。

正倉院、宝物の山に 隠れかわいい 見っけ‼

最後に

私は、いつも美術館・博物館はひとりで行くのですが、今回初めて、友達3人で行きました。いつもなら、素通りするような宝物も友達の説明を聞くと、「へぇ~そうなんだ」と感心が持てたり、待ち時間も全く気にならなかったり、とても楽しかったです。誰かと共有する美術鑑賞もいろいろな意見が聞くことができ、面白いなぁと思いました。

この記事のライター

aloreライター片桐です
1964年生 既婚 愛知県一宮市住在 会社員
<好きなこと>
美術鑑賞/本、雑誌を読むこと/能のお稽古/着物を着ること/レトロな喫茶店に行くこと/テンションのあがる音楽/人の話を聞くこと/
<取得資格>
国際カラーデザイン協会 カラーデザインマスター/日本カラリスト協会 1級パーソナルカラーリスト/色彩診断士/東商カラーコーディネーター1級(環境色彩)/アートエバンジェリスト/日本色彩学会会員

アート&色。お手すきのときにお読みくださいね。
Return Top
error: Content is protected !!