AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

〜第6回〜西洋美術の鑑賞に役立つ聖書のお話

〜第6回〜西洋美術の鑑賞に役立つ聖書のお話

イスラエルを統一した名君として知られるダビデ王(ダビデはヘブライ語で「愛された者」の意味)。前回はその勇姿を見てきました。

しかし、ダビデも所詮は人の子。ダビデは晩年に名君らしからぬ事件を起こします。

ダビデの罪と罰

ある日の夕暮れ、王宮の屋上を散歩していたダビデがふと外界を見下ろすと、美しい女が沐浴をしている姿が目にとまりました。女のあまりの美しさに心を奪われたダビデは、手紙を持った使者を女の許へ送り、女を宮殿に呼び出します。
女の名はバテシバ。ダビデ軍の兵士ウリヤの妻で、ウリヤはこの時、戦地に赴いており不在でした。
宮中に召し上げられたバテシバは、やがてダビデの子を身籠もります。ダビデはウリヤを激戦地へ送って戦死させるよう軍の司令官に命令を出し、ついにウリヤは亡くなります。
このことを知って黙っていられなかったのが、ダビデの側近の預言者ナタン。
ある日、ナタンはダビデにこんな話をします。

「たくさんの羊と牛を持つ裕福な男と、一匹のメスの子羊を我が子のように可愛がる貧しい男がいた。ある時、裕福な男に客があり、もてなすことになったが、裕福な男は自分の羊や牛を惜しんで貧しい男から子羊を取り上げて殺し、自分の客に振る舞った」

これを聞いたダビデは「ひどい!そんな男は死罪だ」とナタンに言いました。するとナタンは「その裕福な男こそ、あなたです。神は全てお見通しですよ。あなたは主を侮ったので、生まれてくる子は必ず死ぬでしょう」と言ったのでした。
恐れ慄いたダビデは深く懺悔し、罪滅ぼしの苦行を行うことを誓いますが、結局バテシバとの間に生まれた長男は生後7日でこの世を去りました。
しばらくして、バテシバは二人目の子供を産みました。ソロモンと名付けられた子供は立派に成長し、ダビデの後を継ぐことになります。

ソロモンも名君として名を残していますが、聖書の記者はソロモン王の神への背信がイスラエルに災いをもたらした、としています。ソロモンは700人の王妃と300人の側室を持ち、その中には異国の女性がたくさんいました。彼女たちが崇拝する異教の神に、ソロモンは慣れ親しんでいったのです。それがイスラエルの唯一神ヤハウェの怒りを買い、ソロモンの死後、イスラエルは分裂し滅亡の道へ突き進んでいくことになるのです。

《沐浴するバテシバ》レンブラント・ファン・レイン( 1643年、メトロポリタン美術館、ニューヨーク)
《沐浴するバテシバ》レンブラント・ファン・レイン( 1643年、メトロポリタン美術館、ニューヨーク)
《ダビデ王の手紙を持つバテシバ》レンブラント・ファン・レイン(1669年、 ルーヴル美術館、パリ)
《ダビデ王の手紙を持つバテシバ》レンブラント・ファン・レイン(1669年、 ルーヴル美術館、パリ)

さて、こちらの絵は二点ともレンブラントが描いたバテシバですが、表情が全く違います。
《沐浴するバテシバ》はダビデに見初められた段階のバテシバ(見えにくいですが、左上部の建物の上に覗き見している人影が)。まだ何も知らず、無防備に沐浴し明るい表情でこちらに微笑みかけています。
一方、《ダビデ王の手紙を持つバテシバ》はダビデから宮殿に呼び出され葛藤するバテシバ。夫を裏切るようなことはできない。しかし王の命令は絶対。諦めたようにも見えるバテシバの悲しげな表情がなんとも。

バテシバの物語は、ルネサンス期以後に発展した画題で、女性のヌードを描く口実として人気となりました。ヌード(もしくは半裸)の女性の他に、足を洗う侍女・手紙・遠くから覗き見ている老人ダビデのいずれかが描きこまれていることが特徴です。

旧約聖書で女性のヌードと言えば、スザンナという女性も人気のテーマ。
次回は旧約聖書外典に登場する女性にスポットを当てていきます。

この記事のライター

aloreライター橘高あや
千葉県在住。アートエバンジェリスト。美術検定2級。楽しい美術鑑賞の伝道師を目指して精進中。
得意分野は浮世絵と宗教画。絵画から物語を読み解くことが好き。
趣味は読書と料理、御朱印集め。
好きな言葉は温故知新と不易流行。古きものも新しきものも、一時の流行からも学び取り面白がれる人間が理想。
アートは心を、人生を豊かにしてくれます。作品との対話は自分との対話。思いもつかないような多種多様な表現と出会い、それに対する自身の反応から、自分に対する新たな発見を得ることができます。異なる価値観を知り理解することは、他人への理解や許容につながります。アートと付き合っていると、自分にも人にも優しくなれる気がするのです。閉塞感に苛まれる現代社会をアートの力で変えていけたら。そんな思いでおります。
Return Top
error: Content is protected !!