AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

Page 2

6.『アメリカの夜』撮影快調のテーマのごとく人生快調といきたいものです
194

6.『アメリカの夜』撮影快調のテーマのごとく人生快調といきたいものです

多分、私が映画館で観た回数としては『甘い生活』『天井桟敷の人々』『真夜中のカーボーイ』を凌いで最多の作品です。LDは最初は英語版しか発売されず、仏語版が出るのをどれだけ待ち望んだことか…勿論、このブログは「撮影快調」のCDを流しながら書きました。
5.『美女と野獣』「昼と夜」の絶妙な転換
253

5.『美女と野獣』「昼と夜」の絶妙な転換

『美女と野獣』はディズニー映画だけではなく、是非とも極上のコクトー映画でも味わって下さい。コクトーが日本に来た時の『鏡獅子』との出会いが、野獣のメイクにも影響を与えているようです。何だか、平櫛田中の作品がやたら観たくなってきました。小平にご一緒しませんか?
石原重人《バベル2013》
145

〜第一回〜 西洋美術の鑑賞に役立つ聖書のお話

現在来日中のピーテル・ブリューゲル1世《バベルの塔》は、旧約聖書に書かれた物語をテーマとした作品です。キリスト教の誕生以降、長きに渡り東西ヨーロッパにおける美術の中心にあったキリスト教美術は、西洋の美術史を語る上で避けては通れない重要なテーマです。ですので、聖書の内容を少し知っているだけで、西洋美術の鑑賞がより楽しくな...
トイレペンダント
1602

結局アートって何だろう?

「これってアートなの?」 その疑問は、アート好きかどうかに関わらず、1度は誰しも頭をよぎったことのあるのではないでしょうか。 では、アートって何だろう。 芸術家 岡本太郎は「芸術というのは生きることそのものである」という言葉を残しています。 生きることそのもの自体がアートなのだとしたら、あなたも毎日、いえ、毎分...
オルセーのナビ派展ポスター
109

ネコのアート「ニャート」を探して(2)~ナビ派のキュートな面々~

今回は、三菱一号館美術館で開催中の「オルセーのナビ派展:美の預言者たち-ささやきとざわめき」へ。ピエール・ボナールの絵画に描かれていたのは、今と同じように人の大切な家族だったであろうネコたちの、穏やかな日常でした。
ウォルター・クレインの絵本『美女と野獣』とポストカード
124

『美女と野獣』も『シンデレラ』も!19世紀の美しき絵本の世界

19世紀のイギリス。ディズニーのアニメーションでもお馴染み『美女と野獣』『シンデレラ』『アラジン』などのおとぎ話を、手仕事にこだわった木版印刷で華麗な絵本に仕立てたウォルター・クレイン。世界各地に影響を与えた芸術運動「アーツ・アンド・クラフツ運動」の中心的な人物の一人でもあったクレインの世界をご紹介します。
Return Top
error: Content is protected !!