AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

ARTのある暮らし 1. 話題の美術館へ行こう!!

ARTのある暮らし 1. 話題の美術館へ行こう!!

ARTのある暮らし

はじめまして美術館に住みたい!! ほど大好きの alore ライターの@新井隆子です。今回から美術検定やアートエバンジェリスト、インテリアの勉強などから得たARTに関わる蘊蓄を1〜2ヶ月ごとに1回連載させて頂きます。
第1回は、美術館の建物のお話。まだ沢山訪ねたい美術館が世界中にあります。建築も大好きなんです。

1. 話題の美術館へ行こう!! 

ARTとは一体何でしょうか? 私達の周りには沢山のモノが溢れ、それらに囲まれて日々生活しています。そしてその一つ一つは人の手によってデザインされたものです。そしてデザインとアート、とても近い存在のようで、全く異なる面もあるようです。
1990年代末頃からの急激な住宅リフォームや高層マンションブームに観られるように、居住空間に対する意識が一段と高まる中、建物そのものにも関心を持つ人が増えてきました。建築もまた、設計者によるデザインです。美術館も展示される作品ばかりではなく、建物やそこを取り巻く庭園のデザインなどにも評価や関心が向けられるようになってきました。

*ル  コルビジェの世界遺産 国立西洋美術館

2015年に世界三大建築家の一人ル コルビジェによる世界に跨がる17の作品の一つで上野にある国立西洋美術館(略称西美)が世界遺産として認定されました。コルビジェ作品の特色の一つとして、高床式ピロティ方式という、柱で建物を支える建て方があり、この美術館もピロティ方式で建てられています。上野動物園含め美術館周辺全てをコルビジェが計画する予定でしたが、大幅なプランの削減によって、美術館のみ施工されたようです。

*ガラスの宮殿  国立新美術館

世界的な建築家黒川紀章に寄って設計された国立新美術館(2007開館)は、前面がウェーブ状でガラス張りの斬新なデザインの建物です。六本木ヒルズ、ミッドタウンと並び六本木トライアングルと呼ばれる商業地域の一点として観光名所ともなっています。
この美術館は、収蔵作品を持たない企画展と公募展のみで美術展を行う唯一の国立美術館でそれ自体ユニークな試みの一つです。美術館の顔となる独自の収蔵品を持たない常に変化し続ける美術館です。

*巨大エスカルゴ ソロモングッゲンハイム美術館


以前から憧れの大好きな美術館は、ニューヨークにあるソロモングッゲンハイム美術館(1937開館)で、セントラルパーク沿いの東、5thアヴェニューにあります。この美術館はフランク ロイド ライトによって設計されました。エスカルゴのようなとてもユニークな白い美術館です。来館者は、最上階から螺旋のスロープ沿いに陳列された作品を鑑賞しながら、階下へと降りて来る仕組みです。途中にアルミのドアのトイレがあり男女共同で時代も感じさせますが、建物のデザインの斬新さは今でも類を観ない程です。ニューヨーク近代美術館(MOMA)と並び現代美術専門の美術館で、1937年建築当時は大評判となったことでしょう。

*その他国内編

国内の美術館ブームの火付け役となった金沢21世紀美術館(愛称まるびぃ2004開館)は男女の建築ユニットSANAAによって設計されました。それまで国内外共に近代美術館は単なる<ホワイトキューブ>と呼ばれる内装でしたが、SANAAはそれを変革しました。

そして、大好きな美術館の一つに神奈川県立近代美術館葉山館(2003開館)があります。一色海岸沿いの岬に建てられていて、海に落ちる夕陽と白い外壁やガラスが奏でるハーモニーがとても美しい美術館です。美術館と設計者側との意見交換の積み重ねで完成されたということで、海岸を望むレストランオランジュブルーもあり、葉山の風景と連携して奏でられる景観は美術館の21世紀の幕開けともいえる美学を感じます。(画像2)
→オススメスポット***家族と 友人と 恋人と



*その他海外編

一昨年、東京都現代美術館で展示もあったブラジルの建築家オスカー ニー マイヤーニテロイ現代美術館(1996開館)もまた、岬の突端の素晴らしいロケーションに恵まれた土地に建てられています。ニー マイヤーはブラジルの首都ブラジリエの都市計画全てを国から依頼された国民的建築家ですが、彼の作品はどれもユニークな形で、特にこの美術館は空と海の青に囲まれた岬に建っています。ニテロイ市民はこの美術館を、岬に着陸した巨大UFOのような形からDisco Voador(空飛ぶ円盤の意味)と呼んでいます。

もう一人ユニークな美術館の設計者としては、やはり昨年初め21_21DESIGN SIGHT(六本木)で展示もあったフランク O ゲーリーが挙げられます。スペインビルバオのグッゲンハイム美術館(1997開館)はとても風変わりな形で評判を呼びました。彼の作品はどれも際立つ特徴があり
、ゲーリー展で展示された未完の模型作品は素材や形もユニークで美術館の模型というより彫刻の展示のようでした。

その他番外編

パリエッフェル塔近くにあるケ ブランリー美術館はジャン ヌーベルの2006年の作品です。壁面一杯の緑がセーヌ川に調和し、入り口部分は大小の箱が突き出し、藁状の植物を繁茂させていて、周囲の景観に上手くとけ込んでいます(トップ画像参照) 。美術館というよりフランス統治時代のアフリカなどの手工芸品を保存、展示する博物館です。ここは、ミュージアムショップがとても興味深く民芸品から音楽まで幅広く個性的な品揃えです。


これら例として挙げた美術館はほんの一例で、名建築と呼ぶにふさわしい美術館は世界各地に存在します。作品を観て歩くのにそろそろ変化が欲しくなったら、ぜひ美術館の建物や周囲の環境にも目を向けてみて下さい。中には、名建築家による作品ではないにしても、周囲は美しい山々だったり、公園だったり、海辺だったりします。美術鑑賞だけではない楽しみや癒しもあり、とても充実した時間を感じられるかもしれません。

*オススメART-BOOK

grapefruit juice オノ ヨーコ 南風 椎 訳 講談社文庫
この一冊に刺激されて、ジョン レノンは名曲『イマジン』を生み出しました。今年6月14日、米音楽出版社協会はこの曲を「世紀を代表する歌」に選出し、オノ ヨーコさんを共作者に認定しました。

ヨーコさんの詩と33人の写真家との素敵なコラボレーションです。

世界美術家大全 ロバート カミング  日東書院
『深読みアート美術館』など個性的でやや毒を含む解説で面白いロバート カミング の美術家必携の書。作家検索に利用。

Fin.

この記事のライター

aloreライター@新井隆子
子供の頃に家が城下町にあった為、近所にお堀のある公園、その中に城跡や県立美術館があり、美術館好きになりました。中学の頃からNHK日曜美術館ファン。
’70 大阪万博の時、岡本太郎の『太陽の塔』の前の特設ステージで開催されたアジア少年少女合唱際に参加、歌ったことも想い出の一つです。
昔、大学で(社会)心理学、その後インテリア、建築を学び「コワイ」と言われても元から「美術」&「心理学」が好き。

年齢/昭和3?年戌年生まれ。
職業/主婦。ブログライター、造形作家(1992年頃からリサイクル雑貨制作atelier Pluie de Couleurを設営)。過去、公民館生涯学習部、手作り教室等で講師の経験があります。

*ハンドメイドのオリジナルブランド”atlier Pluie de Couleur” 公開中。
*リトグラフ、古伊万里、鉄瓶のWEBSHOP <A.Gallery>経営中。

趣味/美術館、ギャラリー巡り。地方の隠れ家美術館の発掘。旅行。ピアノ演奏。料理。映画鑑賞。
資格/アートエバンジェリスト認証。美術検定2級。英語検定2級。
家族/既婚。夫婦+息子1人+トイプードル

都会の心のオアシス「美術館」
Return Top
error: Content is protected !!