AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

「アート旅行」で静岡へ!

「アート旅行」で静岡へ!

静岡へ「アート旅行」してみませんか?

みなさんは静岡へ旅行されたことがありますか?

熱海、伊豆、三保の松原、浜名湖、そして富士山など、魅力的な場所に事欠かない静岡は実は「アート旅行」にも最適なんです。

今回は、楽しい展覧会とおいしいカフェと、そしてめずらしいお土産までついた「アート旅行」をご紹介します。

静岡市美術館へ行こう!

JR静岡駅から地下道を歩いて10分ほどのところにある静岡市美術館は、私のおすすめする美術館の一つです。ここの展覧会はいつも切り口が面白く、そして展示されている作品がとても見やすいんです。

先日も、「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション 初期浮世絵から北斎・広重まで」を7月28日まで開催していたのですが、作品一点一点の高さや間隔が非常に見やすく配置されており、私が訪れた日も、夏休みでたくさんの方々が来館されていたにもかかわらず、とてもゆったりと鑑賞することができました。

印象派への旅 海運王の夢-バレル・コレクションー

8月7日から10月20日まで、静岡市美術館では「印象派への旅 海運王の夢-バレル・コレクション」が開催されています。

静岡市美術館HP

そしてこの展覧会には、日本初公開のエドガー・ドガの名作《リハーサル》が来日しています。

エドガー・ドガ《リハーサル》(図録表紙を筆者撮影)

コレクションの中でも門外不出といわれているこの作品は、英国グラスゴー市のバレル・コレクションが閉館中だからこそ来日が実現しました。

その他にも、ゴッホ・ルノワール・セザンヌ・クールベなどの巨匠の作品が80点来日しています。そしてそのうち76点が日本初公開です。

もし、まだこの展覧会をご覧になっていないのであれば、この機会に足をのばしてみてはいかがでしょうか?

おすすめカフェ「キルフェボン」

美術鑑賞って疲れませんか?

そんなときには甘いものをとって少し休憩するのがベスト。

静岡市美術館から歩いてすぐのところにある「キルフェボン」は、東京にもある有名店です。

キルフェボンのケーキ(筆者撮影)

ケーキを食べて休憩しながら「アート談義」するもよし、ゆっくり図録を眺めるもよし、本当に優雅な時間を過ごせると思いますよ。

おすすめ土産「こっこ」

静岡のお土産といえば「うなぎパイ」や「お茶」が有名。

でも、静岡ならではのお土産は他にもたくさんあるんです。

「こっこ」もその一つ。

静岡名物「こっこ」(筆者撮影)

やわらかいスポンジの中にクリームが入ったこのお菓子は、帰りの新幹線の中で食べても、家に帰ってから食べても、どちらでも美味しく楽しめます。

職場や近所の方々に配るのにも最適ですよ。

是非「アート旅行」の締めくくりに、駅のお土産屋さんで見つけてみてはいかがでしょうか?

静岡へ行こう!

静岡への「アート旅行」のご紹介、いかがでしたか?

静岡市美術館では年間を通して、ジャンルを問わずいろいろな展覧会を開催しています。

周囲には美味しいカフェもあって、静岡ならではのお土産にも困りません。

「アートも旅行も一度に楽しみたい」という方は、ぜひ一度静岡に遊びにいらしてみてはいかがでしょうか?

きっと楽しい時間が待っていますよ!

この記事のライター

aloreライターmilkhoppy
<出身>
仙台生まれの東京・川崎育ち。

<所有資格>
アートエバンジェリスト、美術検定2級、教員免許。
 
<意気込み>
「正確なインプットと分かりやすいアウトプット」を、常に心がけ、頑張りたいと思います。
Return Top
error: Content is protected !!