AE-Salon Webマガジン「alore(アローア)」

「全国」アート・ブリュットな美術館を見てある記

☆未知との遭遇(アート・ブリュット)

現代アートって、やっぱわかりにくいよね・・・。そんな友人からの「一言で現代アートを説明するとしたら」という問いには、「?」「!」と答えることにしています。これはビクトール・ユーゴーが「レ・ミゼラブル」の売れ行きを出版社に尋ねるときに使ったとされる、世界で一番短い手紙として有名なもの。現代アートもそんな感じがしませんか。もちろん、こちらの使い方は相手とのキャッチボールじゃなくて、自問自答形式ですがね。
5年ほど前のこと、水戸の行きつけのワインバー壁に掛けてある横1m弱の抽象画のような絵を見て「なんだこりゃ」「うーん何を描いたんだろう、?」・・・。「でも、いいかも、!」ワインバーのマスターに「これって誰の絵、なんかいいねー」マスターいわく「障がい者の人が描いた絵なんだよ」「栃木の馬頭の方、今の那珂市の廃校になった小学校を美術館して、その人たちの絵を展示してあるんだよ、もうひとつの美術館っていうんだ」「いちど、行ってみるといいいよ」

もうひとつの美術館「?!」

最初に訪ねたのは、4年前の12月初旬。ナビで登録して自宅から1時間半ほど。やっと着いたら冬季休業に入ったばかりで見られずじまい。ちゃんとホームページで確認しておけばよかったと深く反省。
今年の3月にやっと念願叶って、もうひとつの美術館に行ってきました。当然のことながら、木造の校舎。平屋のL字型で教室が6学年で4クラスぐらいでしょうか。ですから、運動場も小さくこじんまりしています。なるほど廃校を再生して使っているという風情が、建物のそこかしこに漂っています。

ギシギシいう教室に入ってびっくり。「うーん現代アート?」「こまかいなぁ」原始的な色使いだったり、モチーフの反復だったり、まさに「?」「!」の連続です。作品の多くは、キャンパスいっぱいに、隙間を嫌うかのようにモチーフで埋め尽くされています。教室の半分を分断するような、数メートルもあるまるで巻き絵ような作品も目を引きます。
この「もうひとつの美術館」を訪れた衝撃。まさに未知との遭遇でした。人に見せるためため、うまく描こうとか、有名になりたいとかではなく、ライトアップされた樹々が池に映り込む水鏡のように、描き手の感情そのものが転写されています。ここを足がかりに、遅ればせながらアート・ブリット or アートアウトサイダーという分野&言葉を知るきっかけとなり、追いかけてみたいという感情が込み上げてきました。
というわけで、日本全国のアート・ブリットの美術館を1年かけて?みてある記ます。次回は、もう一度「もうひとつの美術館」をレポートします。

124

この記事のライター

aloreライターSUZU-尚
B型の典型で好奇心をエンジンとして行動している。昨年59歳で行動の実現のためにリタイアし、還暦を迎え現在無所属1年目。
趣味の美術館巡りを通し、多くの人と出会いを楽しみたい。同時に日常生活の中に、アートを取り入れて楽しむ方法を模索し伝えていきたい。

自分の今までの趣味・興味の180度違うものに取り組むように心掛けている。例えば、朗読劇。また絵本の読み聞かせ教室に通い、初級講座、中級者講座を受講。この分野での地域貢献活動を考えている。とくにアートブリュットについても、まだ数は少ないが全国の美術館を訪ねて取材して行きたい。

日立製作所の発祥の地、茨城県日立市在住。家族は妻と娘2人。娘たちは独立して海外に在住。妻と腎臓病を患った老猫と生活し、最近は料理にも興味が湧き、毎朝食を作っている。カミさんにも好評。

<モットー>
「人生は一度きり」
「努力は嫌いだが、準備はできる」
「感動は本物によってのみ与えられる」
Return Top
error: Content is protected !!